NEWS

YOKOZEKI KENSETSU KOGYO
ニュース
ホーム 一覧へ 次へ 戻る

倶知安神社例大祭 御神輿 渡御

大雨降りしきる中、倶知安神社例大祭 御神輿 渡御が行われました。
あいにくの悪天候のため、赤坂奴やこども奴は中止となりましたが、 御神輿は、力強い男たちの手によって空高く掲げられました。

当社は例年、一日いっぱい町中を練り歩く御神輿の休憩所になっており、御神輿 渡御…雨天決行!の連絡と共に、どしゃぶりの雨の中で会場の設営を行い、 御神輿行列の一行を労いました。


会場設営


当社前面にあるロータリー式の駐車場の一部にテントを設営し、御神輿行列の一行の休憩所とします。また、 ピロティになっている車庫には、神事に使用する祭壇を用意します。

当日は、朝から本当にヒドイ雨!御神輿行列の方々の苦労も図り知れませんが…会場設営のスタッフも、皆ずぶ濡れになっての作業となりました。
※画像は、クリックすると大きくなります。

神事を行う祭壇も、組立からお供え物まで一式準備して神主様を待ちます。

御神輿一行の束の間の休息に、飲み物やアイス、お菓子を用意しました。 いつもですと、こども奴の子供たちがアイスやお菓子に夢中になってくれるのですが、今年は子供たちは来ず、そして大雨で寒そうです…。 何だか売れ残りの予感…。

御神輿 渡御


御神輿の一行が来ました!大雨の中、ずぶ濡れになりながらも、御神輿を高く掲げて休憩所に入ってきました。 濡れた体が体力を奪い、皆、どことなく疲れた顔をしています。温かいお茶で寒さをしのぎます。
※画像は、クリックすると大きくなります。

倶知安神社から来て頂いた神主様初め、祭神に扮した方々が神事を執り行って下さいました。

祭神の中でもとりわけ目を引いたのが、天狗の原形ともいわれる猿田彦命(サルタヒコノミコト)と、その妻とされる 天之鈿女命(アマノウズメノミコト)です。猿田彦命は、天孫降臨の際に道案内をしたということから、道の神、旅人の神とされるようになり、祭礼の御神輿渡御の際に 天狗面を被った猿田彦役の方が先導をするのだそうです。

御神輿が雨に濡れない様に養生をしてきましたが、この休憩の機会に再チェック。休憩時間も気を抜けません。

御神輿の一行が祭事を手締めで締めくくって下さったのと同時に、短い休憩時間は終わりました。この後も、御神輿は夕方まで 町内を練り歩きます。

悪天候の中、御神輿渡御に係わった方々、大変お疲れ様でした。来年は、天候に恵まれますように…。

ホーム ページのトップ

横関建設工業㈱は、 ダム道路工事治山工事に至る 土木工事全般に加えて、 住宅の新築設計リフォームから 住まいのご相談など、 倶知安・ニセコなどの羊蹄山麓を中心に、建設事業に関する様々な取組みを行うと共に、 地域発展の一翼を担える会社を目指しております。