NEWS

YOKOZEKI KENSETSU KOGYO
ニュース
ホーム 一覧へ 次へ 戻る

安全衛生計画 ~平成19年度・横関建設企業グループ安全衛生大会~

4月24日(火)、倶知安町のホテル第一会館において、本年度の安全衛生大会を開催。 倶知安警察署様、倶知安保健所様のご臨席のもと、弊社及び関連会社、各ご協力会社様150余名の参加を頂き、 労働災害と交通事故の絶滅を誓い合った。

冒頭、柏谷社長より、 「公共工事を担う我々建設業者は、関係法令の遵守と労働災害防止が不可欠である。 労働災害を起こすと、被害者・家族・発注者・会社と沢山の人たちに影響を与える。 会社は、皆さんが快適で安全に仕事ができる環境をつくる努力をしている。安全について は絶対という言葉はない。安全管理の原点に戻って取り組んでほしい」と挨拶。

続いて、弊社 小森安全衛生課長より、19年度の安全衛生方針を説明し、重点実施事項 など具体的な安全計画を示し、現場での応急措置についての安全ビデオを視聴した。

大会来賓の倶知安警察署の大堀交通課長様には「後志管内における交通事故概況に ついて」、倶知安保健所の田中健康増進係長様には「生活習慣病について」それぞれ ご講義を頂戴した。

弊社 高岸常務より、品質・環境ISOの説明の後、参加者全員で本年度のスローガンである 「”やる気 守る気 続ける気 みんなで築く ゼロ災害” 気づいたら すぐに伝える危険予知 あなたのヒヤリが防波堤」を掲げ、協力会社様を代表して、丸鉄土建㈱佐々木社長様が 安全宣言し、一年間の労働災害・交通事故絶滅へ取り組む決意を新たにし、安全を誓った。

柏谷社長 挨拶

倶知安警察署 大堀交通課長様

安全宣言:グループ代表
丸鉄土建㈱ 代表取締役 佐々木 誠 氏

横関建設株式会社 安全計画管理表
(pdfダウンロード 62.3KB)

大会風景

倶知安保健所 田中健康増進係長様


ホーム ページのトップ

横関建設工業㈱は、 ダム道路工事治山工事に至る 土木工事全般に加えて、 住宅の新築設計リフォームから 住まいのご相談など、 倶知安・ニセコなどの羊蹄山麓を中心に、建設事業に関する様々な取組みを行うと共に、 地域発展の一翼を担える会社を目指しております。